ケインズ「一般理論」山形浩生訳(部分):新しい、英語知ってる、原文に忠実。


ホント、みんなケインズの英語が名文すぎるとか実に難解だとかなんとかいうけど、ふつうだよ。当時の人の多くはああいう書き方したんだよ。マーシャルとか読んでごらんよ。みんな、自分の英語力がないのをごまかそうとして、わかりもしないのに美文だとか言ってるだけ。

すでに要約は一通りあげたけど、そんなに難しいと思わなかったし、普通に訳してみたよ。古くてうだうだしい感じを吸収するために、ですます調にしてみた。関係代名詞で長くだらだらつなげる文章は、遠慮なくぶった切った。でも、ケインズなんてこんなもんだよ。

ケインズ『雇用、利子、お金の一般理論』山形浩生訳(全訳) (pdf 780kb)

これまでの訳は、英語も経済学もよくわかってないやつが、もったいつけてむずかしく訳そうとするから難しくなってただけの話なんだよ。

まあこの調子で全訳あげるかどうかもわからないけど(スミスとマルクスも途中なんだよなあ)……といいつつ、途中少し抜かしているが9章まで終わったぜ。(9/4)
9/5 10章完了
9/6 11章,4章, 7章完了
9/7 場所移した。プロジェクト杉田玄白のてこ入れに使うのじゃ。12章完了。
9/8 13章完了。満一週間ほどでほぼ半分。まあ片手間でやってるにしては、結構いいペースじゃない? 14章&おまけ完了。
9/9 もともとマルクス主義者のページにあるテキストをメインに使っていたが、スキャンミスがあり、脱落もあったので、見捨ててアデレード大のePub本に乗り換え……と思ったけど、注がないじゃないか! 15章完了。
9/10 16章完了
9/11 17章完了
9/12 18章完了。第4巻まで終わった。19章完了
9/13 19章おまけ完了。これから夏休みなので一週間おやすみ。
9/21 夏休みから復帰。20章完了。
9/23 21章完了。第5巻完了。最後のデザート部分に入ったぜ……と思ったがその前に6章と6章おまけ完了。あと、アマゾンのkindle版、安いし一応売り物だからまともだろうと思ったら……ゴミクズのようなひどさ。注はまったくないし、分数の横線が何やらフォントのミスで¾¾¾¾¾¾¾¾¾になっているのは、何これ。モノ売るってレベルじゃねーぞこれ!
9/24 22章完了。
9/25 23章完了。チョーめんどくさかった。ペティとかヒュームとかの古くさい文章の引用まみれ。それと、この章はホントお遊びで、理論的な展開にはまったく貢献していない。クルーグマンが「この章は半分冗談と古典派への嫌がらせで書いてるだろー」と言ってるのはその通りだと思う。でもこれで最終章に突入!
9/26 01:20 24章完了。終わった。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.