読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西谷編『相対的コムデギャルソン論』:自分語りに堕してしまう。

朝日新聞書評ボツ本 書評

相対性コム デ ギャルソン論 ─なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか

相対性コム デ ギャルソン論 ─なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか

この本の副題は「なぜ私たちはコムデギャルソンを語るのか」。つまり、コムデギャルソンを考えるよりは、それに惹かれる自分語りの本。でも、なぜあなたたちは、自分がなぜコムデギャルソンを語るのか、なんてことに他人が興味を持つと思ったんですか?

いやもちろん、その過程で川久保玲のファッション造形や哲学についての考察はあるんだが、その部分はあまり目新しさはなくて、建築家としてなぜコムデギャルソンに興味があるかとか、あの80年代当時にそれを着ていた自分やその周辺の人はどうだったかとか。みんな思い思いに語ってるんだが、それらがまとまりを持って何かを組み立てることなく、それぞれの人の私的な体験の踏み台として使われるだけでいささか散漫だと思う。ときどきおもしろい視点はあるので、もうすこしまとめ方次第ではなんとかなったんじゃないかと思うんだけど……



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.