読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の魅力とは??

Abs-olutely fabulous (The Economist 2013/4/13号 p.76-77)

女だって異性への期待は、男と同じくらい非現実的なのだ。

男たちは昔から、女の求めているのはずばり何なのか悩んできた。中には「割れた腹筋」を約束するメンズ健康雑誌に導きを求める者たちもいる。もっと科学志向の強い連中は、実験データを見る。最新の証拠は、オーストラリア国立大学(当時)のブライアン・マウツ率いる研究者たちのものだ。かれらはオーストラリアの異性愛女性105人を集め、以下の三つの身体特徴を変えた男のデジタル生成写真を見せた:身長、肩幅とウェスト幅の比率、しびたチンコのサイズ。そして、性的パートナーとしてその男性をどう評価するか採点させた。

「国立科学アカデミー論集」で刊行されたばかりの記事で、マウツ博士らはその結果を記述している。自信なき者たちにはうれしいことに、女性たちは確かに大きなチンコを魅力的には感じたももの、それが最大要因にはならなかった。最大の要因は、広い肩幅と細いウェストの組み合わせで、この要因だけで魅力変動の3/4が説明できる。また、身長も魅力の要因としてはあまり強くない。これは奇妙な結果だ。というのも他の研究を見ると、高身長は実に様々な便益、たとえば高給や長寿と結びついているからだ。大きいことはいいことだ、という効果はまた、収穫逓減にさらされている。それが身長だろうと肩幅だろうとチンコの大きさだろうと、追加の一センチはその前の一センチよりも効果が下がる。

それでも、研究者たちが生成したデジタル男たちの中でも最も背が高く、肩幅が広く、アレのでかい者ですら、完璧ではなかった。「最適値はどうも実験範囲を超えたところにあるようだ。(中略)最大魅力をもたらす値はどの性質についても、人口平均から2標準偏差以上離れたところにあった」。つまり、それぞれの性質について、女性たちが現実世界で出会う男性のうち、女性たちの期待するほどの立派なサイズを持つ者は2.5%以下しかいないということだ。三つの指標すべてで満点をもらえる男性は、めんどりの歯以上に珍しい。

この調査も完璧ではない。女性たちは、デジタル男が本物の男だと思うことはあり得なかった。他の要因――たとえば社会的地位など――は、現実世界では研究者たちが見ていた身体的な嗜好を上回るかもしれない。そしてあらゆる被験者が単一の国からきているので、これが生得的な嗜好か文化的な嗜好かは区別しにくい。たとえば、男性が見かけのスリムな女性を好むようになったのはかなり最近の(しかも西洋の)構築物だ、とよく指摘される。19世紀末のエロチカは、現代のポルノよりずっとふくよかな女性を映し出している。女性の嗜好だって、同じくらい育った文化に影響されているかもしれない。

一方で生物学の常識として、メス(どんな生物でも)はオスよりもずっと相手選びにうるさい。そうなる進化的な理由はちゃんとある。他の動物よりずっと子育ての負担が男女平等な人間ですら、子作りはオスよりメスのほうにずっとリソースの投資を要求する――そもそも9ヶ月も妊娠期間があり、さらにその後は赤ん坊に乳を飲ませるのは女性なのだ。だから女性は、自分たちのかなり限られた再生産リソースを、最も魅力ある男性だけに費やそうというインセンティブがずっと強い。そういう子のほうが、次の世代を生んでくれる可能性が高いからだ。というわけで男ども、腹筋がんばれ。