ファシズム学ぼう! ムッソリーニ『ファシズム:ドクトリンと制度』

The Doctrine of Fascism

The Doctrine of Fascism

前にムッソリーニの伝記を書評したとき、いくつかムッソリーニ関係の本を読んだんだけど、見てみるとムッソリーニ自身のファシズム論って翻訳がないみたいなのね(昭和19年に出た翻訳が国会図書館にはある。「国立国会図書館デジタルコレクション - ファッシズモ教義[関裕美P]∵ごま∴氏にご教示いただいた。ありがとうございます!)。ヒトラー我が闘争』の訳さえあるのに。みんないろんな人を気安くファシスト呼ばわりするけど、実はみんな本当のファシズムってどういう主張だったのか知らないで、聞きかじりでモノ言ってるだけじゃん。情けない連中だね。

というわけで知ったかな情けない乞食どもに恵むシリーズ、第何弾か忘れたけど、ムッソリーニ当人のファシズム論です。短いので勉強しなさいな。

ベニート・ムッソリーニ他『ファシズム:そのドクトリンと制度』 http://genpaku.org/mussolini/mussolinifascismj.pdf(pdf 150kb)

どうだろう、実際のファシズムが世間の通念とはまったくちがうのがわか……ったりはしない。世間的なファシズム理解とそんなにちがうわけじゃない、というより世間的なイメージよりもっとひどいかも。

豆知識だが、本書の第1章を書いたのはムッソリーニではなく、ジョヴァンニ・ジェンティーレという哲学者かなんかとのこと。また、これを英訳したのがだれなのかは不明。ファシスト党の公式刊行物として出たもの。

内容的にはとても楽しい。短いしスラスラ読めるよ。いまの政治家の公式発言(だけでなく、評論家たちの駄文)でも、民主主義とか人権とかにリップサービスするのがアレだし、もっとモガモガ要領を得ない言い方をするのが基本なので、ここまで平然とすべて否定されるとかえって新鮮な面もある。たぶん、当時人気を博したのもそういう部分があるんじゃないかな。

ただしそこで実際に言われていることはかなり無内容。国家がすげー、国家エライって言うんだけど、なんで? どうして? 説明まったくありません。たたみかけるようにフレーズを重ねてインパクトを出そうとするけど、通して読むとあんまり論理的につながってない部分も結構あって、訳すの面倒でした。

でも人の多くは口調や単語の出現回数だけに反応するから、中身のなさはあまり大きなハンデにはならない。八紘一宇に心酔してた馬鹿な国会議員とかは、こういうの読んだらすぐファシズム万歳とか言い出しそう。が、それはさておき、ファシズムというのは、こういうドクトリンに基づくものなんですねー。Now you know.

ニコローゾ「建築家ムッソリーニ」

建築家ムッソリーニ―独裁者が夢見たファシズムの都市

建築家ムッソリーニ―独裁者が夢見たファシズムの都市

ファシズム建築は、独裁者のメガロマニアックな建築として、スターリン建築や将軍様建築みたいなものと共に、でかいだけの俗悪で個人を無視したシンボリックな目立つ醜い建築だと言われることが多いんだけれど、シュペアーのベルリン計画なんかもそうだったように、ファシズム建築は実はそんなに悪くない。テラーニなんか、評価されるのはよくわかる。

著者はあんまり教条的にファシズム建築を見ないで、ちゃんとそれ自体として見る一方で、そこにムッソリーニが自分でもかなり深く首をつっこんであれこれ様式に口だししたりコンペの審査をやったりしていることも示し、それとファシズム思想(およびそのプロパガンダ)との結びつきも見る。デ・フェリーチェの伝記についてもかなり肯定的で(デ・フェリーチェは、ファシズムを少し肯定的に見る歴史修正主義の筆頭みたいな学者で、ものすごく長いムッソリーニ伝を書いている)。一方的なイデオロギーの見地だけでものを言っているわけではないのがわかる。

またディテールも豊富。ムッソリーニがどこの竣工式に出たとか、あるいはル=コルビュジェがエチオピアの首都計画をやらせてもらおうとでかけていったのに、肘鉄をくらわせたとか。ムッソリーニはル=コルビュジェの何たるかをちゃんと知っていたそうな。とはいえ、良いものと悪いものを見分けるほどの目はなくて、モダニズムは嫌いとかそんなレベル(でもモダニズム展に自腹で出資したりもしたそうな)。でも、一部では自らスケッチを描いたりして、ずいぶん入れ込んでいたんだって。

訳者は結構、反ファシズム的な立場で解説を書いている。でも著者は、ムッソリーニのおまぬけな部分も書きつつ、少なくとも建築分野においてムッソリーニがそこそこの見識と熱意をもって取り組んでいたことを描く。それがもちろん政治的演出と結びつくことはわかっているし、またムッソリーニがそういう応用を考えて、最後にだんだん古典派的な表現に頼るようになったのも指摘の通り。でも一方で、建築がファシズムのある理念を非常によく表現していたが故にムッソリーニがあれほど入れ込んだのだ、というのも事実。そのあたりの柔軟さを、修正主義の手先と考えるか、それとも思想の自由さ加減とみるかは読者次第だけれど、ぼくは後者のほうを強く感じた。

最後の部分で、著者はファシズムが建築を利用したことを指摘し、そうしたファシスト建築が未だに残っていることについてちょっと批判的なことを言う。この書評は、その皮肉を重視しているけれど、でもぼくは建築から善を引き出して共同体意識を高めようなんていう著者の主張そのものが、まさにムッソリーニのやろうとしていたことと同じだと思うし、そういう立場からではムッソリーニの建築利用を批判なんかできないと思う。著者の意図した皮肉は、はからずも著者自身に向いているんじゃないかな。でもそれもまた考えさせられておもしろい部分。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.

ルッツァット「反ファシズムの危機:現代イタリアの修正主義」

反ファシズムの危機―現代イタリアの修正主義

反ファシズムの危機―現代イタリアの修正主義

ファシズムへの批判に対する痛烈な反批判、と見返しには書いてあるが、全然そんなふうには読めなかったんですけど。

ファシズムに対して戦後のイタリアでは、当然ながらファシズムを絶対的な悪として批判する反ファシズムが強かったんだけれど、もうリアルタイムで第二次大戦を経験した連中はみんなロートルになってきて、もうかつてのような強い反ファシズムは維持できない。それどころか、その反ファシズム連中がネコもしゃくしも気にくわないものすべてをファシスト呼ばわりしたもんで、いまの多くの人はファシズムって何だかよくわかんなくなってきた。そしてまた反ファシズムは、(実はあまり活躍してない)パルチザンをまつりあげたりして、かえって正しい反ファシズムをつぶしかねないこともしていて……

で、だんだんもう、バカみたいにファシズム批判してても仕方ないじゃん、という立場が出てくる。その今のポスト反ファシズムは、まずあまり気楽&無意味に人をファシスト呼ばわりしないところから入る。で、安易に対立図式をあおらないようにしようという話。これは歴史修正主義と呼ばれて批判されているんだけれど、ホロコーストはなかったとかいう連中の議論とはちがう(むろん、ちがわないという人もいるけど、本書の著者はそこまでドグマチックではない)。著者は、そうした記憶の風化は残念だと思いつつも、反ファシズム側も必要以上の単純化をしてこういう下地を作ってしまったこともあって仕方ないなとは思っている。著者としては、ファシズム批判はちゃんと続くべきで安易に妥協なんかしてはいけないと思ってはいるんだけれど、皮肉に嘆くばかりで、ちょっと煮え切らない議論。

で、最後はベルルスコーニの話になる。一応、ベルルスコーニの党は反ファシズムの路線とは別の動きから出てきた政党ではあって、これまでの戦後イタリア政治の中ではちょっと異質なんだけど、それは反ファシズムの没落とは直接関係あるとは言えないが云々。というわけで、途中までの「ファシズムの記憶の風化」を嘆くような話が、最後のベルルスコーニ批判で単なるポピュリズム批判(それも結構情けない感じ)になっているのはあまり歯切れがよくない。

ところが北原敦という人の解説は、本書の中でもたしなめられているパルチザン神格化を平然とやっていて唖然。で、勇ましく歴史修正主義批判の旗をふっておしまい。本書は、むしろそれではダメ、というか不十分と言ってるんだけど。ちょっとびっくり。

もう一つ、非常になじめないのは、政治研究だの実際の政治だのの話と、テレビドラマとかの設定(パルチザンナチス兵の恋とか)がいっしょくたで、後者までがファシズム容認の風潮のあらわれとか言っていて、まずそういうレベルの話が並列で出てくることと、そんなところにまで目くじらたてるのか、というところでこれがどこまで真剣な分析なのか、それとも時評レベルのエッセイなのかよくわからなくなる。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.

木村「ムッソリーニ」

ムッソリーニ―ファシズム序説 (CenturyBooks―人と思想)

ムッソリーニ―ファシズム序説 (CenturyBooks―人と思想)

高校生くらいも読めるようなお手軽伝記シリーズの一冊でまったく期待せずに読み始めたら、バランスとれてるし結構いいわ。びっくりした。あまり変な野心を抱かず、さらっとまとめようとしているし、短いのであまし細部に入り込んだり深読み解釈を開陳したりもせず、だめな部分と、そうはいいつつもムッソリーニが持っていた魅力や時代背景の中での強みをうまく釣り合わせている。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.

Denis Mack Smith, "Mussolini"

Mussolini (Paladin Books)

Mussolini (Paladin Books)

ムッソリーニの伝記としてそれなりに評価されている本。ただ全体に、とにかくムッソリーニはゴロツキで粗野で無教養で無能で暴力的でかっこつけの詐欺師で小手先の付け焼き刃と対人能力だけで世渡りしてきました、という本になっていて、チアン&ハリデイ『マオ』ほどではないけれど、それに近い感触。ムッソリーニが少しでも教養あるっぽいことを言うと「だがこんなことは百科事典の受け売りで言える」とか「しかしムッソリーニがかっこつけの名手だったことは忘れてはならない」とか。一応ジャーナリストとしても活躍したんだし、シェイクスピアくらい読んでてもいいんじゃないかなあ。ときどきうろおぼえで引用に失敗したからって、読んでないことにはならないと思うよ。

この本を読もうと思ったのは、当然ながらファレル『ムッソリーニ』との比較のため。同じできごとをどう描くかに興味があった。こちらの本は、ムッソリーニが子供時代にクラスメートをナイフで刺したとか近くの畑の作物を盗んだとかいうのを見て、ほらみろ子供時代から暴力的で殺人的でこそ泥で、という。ファレルは言わない。子供の頃はいろいろあるから、それだけで云々はできないよ、と。これはファレルの言う通りだと思う。また社会主義新聞『アヴァンティ!』で、イタリア参戦し時に転向し、その後独立して(資本家や英仏からお金をもらって)新新聞を作ったのは、マックスミスに言わせれば社会主義を裏切り、資本家から金をもらって転向する節操のなさと資本家のイヌぶりをあらわすエピソード。ファレルに言わせれば、当時まったく行動力がなく何もできなかった社会党に対し、当初の社会変革理念を貫こうとした信念の行動。どっちが正しいかは、当時のイタリア状況での社会党の存在意義をどう評価するかで大きく変わる。

全体として、ぼくはマックスミスの記述があまりに一面的だと感じる。各種ファシズムプロパガンダが、ムッソリーニを神格化しようとしていたので、それに対する反動はわかるんだが、世渡り能力だけでトップになれるというのは議論として苦しい……と思っていたが最近の日本の各種トップを見ると、必ずしもそうでもなさそうな気もするので、よくわからん。あと、かっこつけ激しいやつだったのは事実で、かれが自分の背を高く見せようとして常にのっていた台の写真とかも収録していておもしろい。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.