読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂田『ミジンコ大全』:名著、快著。ミニアルバムつきでお買い得!

私説 ミジンコ大全

私説 ミジンコ大全

すげえ。あの山下洋輔トリオの(なんて言う必要もないとは思うが)サックス吹き、坂田明が書いたミジンコのすべて。これは朝日新聞の候補本一覧に入っていたのを見落としてかっさらわれて(といっても、希望を出しても取れなかっただろうというのが慰めではある。W田さんが出席して花丸つけていたというから)、非常に悔しかったんだが、実物を見てなおさらその思いを強くした。

ミジンコを見つけるところから、その飼育、おもしろさ、多様さ、繁殖方法、重要性まで、実に詳しい。その観察記、そして生物スケッチの難しさ(といいつつ著者のスケッチ多数)、そして顕微鏡写真まで坂田明自身がやっている。スゲー。

読んで見ると、ぼくが知らなかっただけでかなり昔からこの人はミジンコに入れ込んでいて本も出していたんですねー。お見それいたしました。本書の一部は、その前の本『ミジンコ道楽』からの再録。それに研究者三名との対談もくっつけて、さらには坂田明のジャズアルバム『海』CDまでついて、とにかくお買い得。対談はもちろん、バカな芸能人対談などではなく、ちゃんと専門的な話にもついていけるし、また地球温暖化とかで研究者側が不見識なことを言い出すと坂田明がそれを引き戻すという、まこと見事な対談ぶり。

あとがきの反文明的な物言いに少し鼻白む面もあるし、また人口増加って減速してるので坂田明が心配してるみたいなことにはならん。ついでに、人間は人間の都合で生きているけれど、ミジンコはミジンコの都合で生きているし、ウシはウシの都合で生きている。それでこれであれやこれや、とは思う。が、それに安易に流されてはいないし、おもしろいポイントはついているので(ちなみに坂田明ハドロン加速器にも入ったことがある! 許せん!)考えるヒントにはなる。いろいろおもしろい本なので、是非是非。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
山形浩生の「経済のトリセツ」 by 山形浩生 Hiroo Yamagata is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.