最後のジェダイ:こう、いろいろキャラや話の育成に手を抜きすぎでは?

最後のジェダイ見てきて……

最後のジェダイ
最後のジェダイ見てきた〜

事前の評判だとローズ氏ねとかその手の話をいろいろ聞いていた一方で、全体に好評ということだし、しょせん(というとアレだが、しょせんはしょせん)スター・ウォーズだからそんな深いものは期待していなかった。

そして結果として、期待していない通りのものだった、とでも言おうか。はいはい、とっても楽しゅうございました。ピュンピュン、どばーん、ぶぉんぶぉん。いいんじゃないですか? でもぉ……

見ながらとっても脱力する部分がたくさんあったのは否めないと思う。特にフォース関連。前作でハン・ソロが「That's not how the force works!!」と、ご都合主義的なフォースの発現に期待するフィンくんに呆れ果てたように言っていたけど、まさにその、そうではないはずの形で、ご都合主義にフォースが発現しちまうのはどうよ。

それが最初にピークに達するのが、あのレイア将軍が何の説明もなくフワフワ戻ってきやがるところ。なんやー、てめぇ!!That's not how the force works!!

そしてもちろん、レイがいきなり何でもできすぎる、というのは前作でもかなり難点だったんだけれど、今回はその難点がさらに悪化する! 前回、初めて持つライトセーバーで互角にやりあったカイロ・レンは、お父さん殺したあとで心が乱れていたから調子悪かったのかもしれんけど、こんどはいきなり親衛隊をまとめてなぎ倒し〜、果ては最後にあれかよ! ヨーダが帝国の逆襲でXウィングを引き上げたのに匹敵することをいきなりかよ!That's not how the force works!!


"That's Not How The Force Works" Han Solo Scene [HD] - Star Wars The Force Awakens

こう、だれでもどこでもフォースはある、というお題目はわかるけどさ、一方でそうそう安易にご都合主義で使えるものでもないはずだし、それなりの訓練とか努力とかそういうのがないとさ、結局はベンくんとかレイちゃんとか、生まれつきの才能だけですべて決まっちまうという話になっちゃうでしょうに。サンスティーンも書いているけど、葛藤もないし。少しはあの島で、ルークに多少は教えを受けるような部分がないとー。ジェダイの教えすべてわかってるとかヨーダに言われてもさ、モーフィアスくんも言っていたように「道を知っているのと、それを実際に歩くのとはちがうのだよ、ネオ」。

そういうプロセスのなさは、あのローズの最後のせりふもそうで、あれをやるならさあ、それまでにもっと好意の盛り上がりプロセスとか、そういうの見せろよなー。ちなみに、ローズはぼくはそんなに悪いとは思わなかった。むしろ最大の役立たずはポー・ダメロンというのは衆目一致するところで、頭の悪い暴走で軍規違反どころか反乱軍の全滅につながりかねない一大反逆をやっておいて、なんでお咎めまったくなんだよ。即座に銃殺か営巣おくりだろう! それどころか「嫌いじゃないわよウフフフ」って何だよ! ローズを出したのだって、そういう「ただしイケメンに限るかわいいは正義」的な理不尽を打破するためじゃなかったのかよ!

スノークくんもねえ。もう少し背景がほしいし、ベンくんとのつながりもほしいよなあ……

まあこれで、旧シリーズの関係者はほぼ一掃(でも次回作で、なんかジェダイたちがみんなお化けになって出てきて同窓会始めたらいやだなあ)だけど、あと一作でまったく新しく話を起こしてオチをつけられるんだろうか?

とはいえ、わーっと見て楽しむにはとてもいい映画です。